周りを巻き込む力も大切

全然更新してないなーと思いつつ、エルデンリングが楽しすぎて色んなことを放っている今日この頃。
ヴァレーが好きなんです。ね、私の貴方(ねっとり)。
花束作りたいと思って色々考えてはいるんですが、何分プレイが楽しくてね。やってないね。

私のゲーム事情はどうでもよくて、ブログの統計を見てると以前書いた「詰まってしまいました」がちょくちょく見ていただいてるようなんです。
あれ結局例に出したエラーの解決方法書いてない(分からなかった)ので、それで検索した方には申し訳ないですね…。
必要なファイルがよく分かってなくて弄ってたらうまく行った覚えがあります。

あの記事確か分からないときの調べ方的なことをまとめてたと思うんですが、今回は質問の仕方を書いてみることにします。
これも私が普段やってる方法になるので、凄い人とか偉い人から見たら鼻で笑われるかもしれませんが、少なからず怒られたりすることはないと思います。
ためになる類似記事はたくさんあると思うので、特に”やり始めてほやほやの人”とか”未経験でPG/SEとして入社した人”とかにありがちな「分からないことが分からない」に絞ってみます。
授業とかoffjtとかでモノは与えられたけど、悩んでるうちに別テーマに移ってしまうのはなかなかもったいない。

さて、「分からないことが分からない」ですが、正直どういう感覚なのか私自身が分かりません。
高校(情報科出身)の授業でそれなりにゆっくり教えてもらっていたので、「何が分からないのか」を自覚することは出来ていました。
なので、ここでは”質問をするタイミングに気付かない”と解釈します。
違うよ!という方はコメントいただけると追記するかもしれません。

あれをしたい、でもうまくできない。うーん…。

極論上のような思考になった時が質問タイミングです。
ただ、思った時点で質問しに行くのはなかなか大変でしょう。
慣れない環境によく知らない同期に先輩、上司。
優しい人かどうかなんて、まだまだ調査中だと思います。

そうなってくると次にするのはネット検索ではないでしょうか。
PG、SEって記憶でプログラム組んでるんでしょ?と思われるかもしれませんが、基本的に調べもって組みます。
関数とか特殊な書き方とか覚えてないです。
viとか、この言語だとsubstringってどう書くんだっけとか、よく調べます。
(言語によってsubstring(~)だったり、substr(~)だったり、~.substring()だったり色々違うんです、ややこしいですけど面白いです)
検索方法は以前の記事に書いていますのでそちらを参考いただいて。

で、調べているうちに質問しないまま気付いたら結構な時間が経っているパターンが多いかなーと思います。
じゃあいつ聞けばいいの!となりますが、私は以下の基準で聞いてます。

  • ネットで調べても何も進まない状態で10分が経つ
  • ネットで調べて多少進展があるものの解決できず30分が経つ
  • 直感的に無理と思った、自身の手に負えないと思ったその時

3つ目はおまけに近いですが、それなりに慣れてきて仕事を振られたりヘルプデスクなどの聞かれる立場になったときの回避策ですね。
私の今の現場がヘルプデスクですが、問い合わせ内容が手に負えないと思ったら問い合わせが来てすぐだとしても上の人に投げるようにしています。
分からない!重すぎる!と悲鳴を上げるのは案外大事なのです。
自分が担当だから、メールや電話を取ってしまったからと責任を全部抱える必要はないんですよ。
上の人にある程度押し付けてください、共犯にすればいいんです。
もしそれで一方的に怒られたり圧をかけてくるなら、その職場は逃げた方がいいように思います。

話が反れましたね。

ネットで調べても何も進まない状態で10分が経つ

これは検索方法が悪いとか、目的が明確になってない(理解できてない)のが原因だったりしますが、まぁ気付かんもんは気付かんのですよ。
「何をどうしたくてこう調べていたが分からなかった」と質問した際に自己解決する、とか思い付く、とかあるあるです。
分からないままであればそのまま聞いて、ひらめきがあれば「すいません、自己解決しました」と素直に言えばいいです。
いっそのこと「こういう方法を思い付いたんですが、誰さん的にはどう思いますか」と振ってみてもいいかもしれませんね。
自分でやってみ、と突っぱねられる可能性もありますが、自分ならこういう方法考えるな~みたいな別案をワンチャン添えてくれるかも。
もちろん、炎上してなければの話ですが。

ネットで調べて多少進展があるものの解決できず30分が経つ

あれはどうだこれはどうだと試行錯誤してる場合ですね。
もうちょっと粘れば行けそう!と思って気付いたら1時間経ってるとか、よくやります。
結果がエラーでなければ進めたいと思って調べたけれど結局分からず、先輩に聞いたら”エラーでなければ進める”が無理なら”エラーだったら止める”でいいんじゃない?といったような。
上の方でも書きましたが、気付かんもんは気付かんのです。
自分でもびっくりするぐらい視界が狭くなっています。
単に知識がないだけってときもありますが、視界の確保を兼ねて振ってみてはいかがでしょう。
可読性が上がったりもしますからね。

では最後に質問文の作り方。
以前の記事でもそれっぽいこと書いた覚えがありますが、こっちでも書いていきましょう。

大事なのは「現状」と「何をしたいか」と「何ができないか」。
「どう調べたけどダメだった」も欲しいところですが、最初の内は時間を食う気がするので一旦省きます。
実務始まるまでに組み込めるようになることを目標にすればいいかと思います。
それっぽい具体例を上げれるか微妙ですが、多少進展の方に書いた分に似せたものも以下に記載してみます。
(ついでに今の私が回答するなら、も付け足してみます)
※言葉遣いは適宜直してください。
あと知識の問題で言語はC#とかdelphiを想定しています。  

  1. 【状況】
    あるチェックの結果がエラーであれば処理を中断し、エラーでなければ後続の処理を進めたい。
    しかし、エラーでない結果の数が多くすべて書くと膨大な量になる。
    【質問】
    チェックの結果を確認する処理で、結果がエラーでなければ処理を進めたいが、正常時の比較対象が多く書ききれない。
    どのように記述するのがいいか教えてほしい。
    【解答】
    正常かどうかでなく、エラーかどうかで判断するよう記述してはどうか。
    処理を抜けたり、ループ内であれば次のデータに飛ばしたり、意図的にcatchに入るタイプの異常終了を発生させる関数がある。
    また、プログラム内で使用する結果はある程度決まりを設けているため、一度その点を確認してみてほしい。
  1. 【状況】
    マスターデータから対象データを取得し、リストで成形したものを画面上のコンボボックスで選択できるようにしたい。
    しかし、実行してコンボボックスを確認するとすべて同じものになっていた。
    【質問】
    コンボボックスにマスターデータから取得した文字列を表示しているのだが、実行後に確認するとすべて同じ文字列になってしまう。
    取得結果の文字列をすべて表示させる方法を教えてほしい。
    【解答】
    リスト追加時にnewが漏れていると思われる。
    リストに追加しているのは値でなく住所のような役割をするポインタのため、newしてから追加をしないと都度都度上書きされてしまう。
    正直私もポインタやnewの説明をできる気がしないので「(言語名) ポインタ」や「(言語名) new(newする)」で調べてみてほしい。
    触りの知識はこのサイトがいい、もっと詳しく知りたいのならどのサイトでも構わない。
  1. 【状況】
    自身で作成したプログラムを実行し、動作確認を行っている。
    確認中にエラーメッセージが表示され、エラー内容でネット検索をしたがいまいちよく分からない。
    【質問】
    動作確認中にこういう内容のエラーが発生した。
    エラーを解消したいが、**エラーの解消方法を教えてほしい。
    (お手上げ状態であれば「何が原因か分からないため可能であれば一緒に見てほしい。」もあり)
    【解答】
    まず、どういう条件でエラーが発生するか把握する必要がある。
    特定の画面や操作で発生するのか、発生するエラーはプログラム内で指定したものか、エラーメッセージ内にメソッド名や関数名があるか、エラーの切り分け作業をしなければならない。
    ざっくりとエラー箇所が分かればデバック実行でエラー結果が返ってくる階層探し、残りは1行ずつ進めるといい。
    (私の場合、口頭説明が面倒なので質問者の座席まで行って一緒に見ながら口挟みつつ操作してもらうと思います)

どうだろうか、申し訳程度ですが助けになれば幸いです。

投稿者: motalenemy

切り絵とゲームを気まぐれで作る仮面ライダー好きな馬骨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。