嫌よ嫌よも嫌のうち

大学時代にやってた乙女ゲームがありました。
戦国時代にタイムスリップして織田信長やら土方歳三やらといちゃこらするやつです。
イケメン戦国でしたかね、久々に検索してあんな絵柄だった気がします。
タイムスリップして遊郭で新人として雇ってもらって~なやつ。

確かそのゲーム内でこんな描写があった覚えがあります。


敵から逃げ回る主人公を遊郭の姐さんが匿ってくれる。
大きな(人間一人入れるサイズの)籠に隠れた直後、敵が匿ってくれた姐さんの部屋に入ってくる。
姐さんは三味線の練習をしている。
敵に対して、姐さんは言う。
「(遊女の)練習風景を見るなんて裸を見たことと同義、どう落とし前つけてくれる」
言い返せなくて敵は部屋を後にする。


まぁ5年ぐらい前の記憶なんで曖昧なんですが、昔はこういう練習見られたら一生の恥みたいなのがあったんですかね。
ずっと忘れてたんですが、ここ暫くこれを思い出す出来事がありました。

リングフィットってあるじゃないですか。
もう痩せる!だったりマッチョマンになる!だったりTwitterで賑わうぐらい筋トレ特化のアレ。
最近お連れがリングフィットをやり始めて1ヶ月ぐらい経つんですが、実感が湧いてるみたいで私にめちゃくちゃ勧めてくる。
ことあるごとにやらないの?と言ってくる。

効果があるのは分かってるんですよ。
RTAだったりTwitterの経過観察ツイートとか見てすげえとはなってるんです。
ただどうしてもやってる様を見られるのが嫌でやる気が起きません。
VRも一緒でゴーグル被ってわちゃわちゃしてるのを周りに見られるのがとても嫌なんです。

なんなんでしょうこれ。
切り絵やってる様を見られるのとか、ゲーム作ってる過程を見られるのは全然平気なのに、筋トレとかVRとかやってるのを見られるのは猛烈に嫌なのです。
私自身何とも言えない感情で、恥ずかしいのか悲しいのか判断付きません。
少なくとも、「わぁ、あの人筋トレ(VR)やってる」みたいな好奇な目を向けられるのが嫌ということは自覚できてます。
例え尊敬の念を持っていたとしても自分がそういう目で見てしまう。
よくない感情の方が勝ってしまうんですよね。

ゲテモノと分かった上で闇ドリンク飲まされる気分。
仮に飲むから見ないでと周りの人を払ったとしても、闇ドリンクの空グラスは残るわけで。
「あ、この人飲んだんだwww」と笑われてる気がしてならないのです。

という経緯で冒頭の遊郭の下りを思い出したわけです。
ちょっとずれてる気もしますが、所謂努力の過程を見られるの嫌なんですよね。
頑張ってるの見られて笑われるのが嫌なんです。
笑わないよと言われても素直に信じることができません。
言ってくれた人に対して信用がないわけじゃありません。
信用があろうがなかろうが、そんなものは一切関係なく自分以外に対して思うわけです。

親なら平気だろって思います?いやいやいやいや何を言いますか。
親なら猶更嫌ですよ。
古い記憶になりますが、自主的に練習しようもんならわざわざ見に来て囃し立ててくるんでたまったもんじゃない。
で、やらなきゃそれはそれで怒って色々投げてくるでしょ?
自主的にやって妙に褒められるの、あれ凄い気持ち悪かった覚えがあります。
褒められたくてちやほやされたいはずなのに、なんでかなぁ。

まぁそういうことの積み重ねとか。
1つや2つ、誰だってあるよねこういうの。
周りが悪いんじゃない。自分が被害妄想甚だしいってだけのお話。
親からは逃げましたけどね。

そいや最近の戦国タイムスリップ系乙女ゲームちょっと気になっています。
やたらその手の広告多くて久々に手を出すかうろうろしちゃう。

投稿者: motalenemy

切り絵とゲームを気まぐれで作る仮面ライダー好きな馬骨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。