腺房

それは全のうちの個にすぎない。

一つ取り除いたところでゼロにはできないんだよ。

彼女は全のうちの個であり、個のうちの全なのだから。
房とは言うが、目に見える以上かもしれないね。

我々が全と思うこれは、本当に全なのか。

彼女は教えてはくれない。
個を啄みながら、我々を見透かしたように見つめてくるのだ。

腺房

センボウ

「幻想昆蟲展4」出展作品
場所:ギャラリーソラト
住所:京都市東山区三条通白川橋西入上ル石泉院町394
   戸川ビル2階「カオスの間」
備考:入場料200円が必要
(詳しくはこちら)

販売作品 ¥1,500−

投稿者: motalenemy

切り絵とゲームを気まぐれで作る仮面ライダー好きな馬骨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。